ぐるりのこと



wedding party!!



 富山のKAKI工房にて、友人のみなちゃん夫妻の結婚パーティーが開かれた。
 夫婦自らがパーティーのプロデューサーとなって。


 料理は私が担当となった。
 夏前に彼女からぜひにとオーダーを受けたときは、そんな大事な日の大量のお料理を、
 ひとりで用意出来るか自信もなく、正直にその気持ちも伝えて…
 でも、彼女のありがたい熱意に押されて引き受ける気持ちを固めた。

 ともに働いていた「サロン粋」というカフェで私が作っていたベトナム風のごはんを出して欲しいというオーダーだけが彼女からあり、あとはなるべく地元の石川と富山のものを使った和洋折衷のメニューに。

 パーティーの1週間前から帰省して、買い出しや仕込みを始めた。
 他にも彼女の富山のお友達で、デザートを担当するやまちゃん、会場の飾り付けなど全体の設営を任せられたかのちゃんらと顔合わせして、打ち合わせして…
 誰よりもみなちゃん夫婦自らが駆け回って準備をしている様子を見ていて、こちらも頑張らないと!と奮起させられた気がする。

 2日前からはやまちゃんのお宅の設備が揃った台所をお借りして、そのうえ仕込みも一緒にしてくださって。
 おかげで大変ながらも和気あいあいと仕込みが出来た。ありがたや…

 前日は富山のホテルにW氏も泊まり込み、当日早朝、みなちゃん夫婦と共に朝ご飯を食べていざ会場入り。
 そこから、夫婦は会場の設営に、私とW氏は仕込みの最後の追い込みに。
 途中から夫婦の職場のお友達も続々と手伝いに来てくれた。

 私はそのまま台所にかじりつき、W氏は時間とともに会場へ着席。
 今日は私は出席者ではなくあくまで料理人として。

 
f0183678_13573735.jpg
 新郎新婦入場。
 ふたりとも当日まで倒れるんじゃないかと思うほど準備に追われていたが、本番は本当に素晴しい笑顔だったな。
 そして、KAKI工房さんの緑溢れる環境にお客さんは本当に気持ちよかったはずだ。

 さぁ料理の始まり。
 お手伝いの方々と団結して臨む。
 
f0183678_13592948.jpg
 1品目。とうもろこし豆腐 だしのジュレ載せ。
 2品目。五郎島金時とじゃがいものビシソワーズ、紫芋チップ添え。

 名前入りのランチョンマットはかのちゃんお手製。
 食器はWASARAのものを。

f0183678_1413274.jpg
 3品目。能登と富山の農家さん直送の野菜の盛り合わせ。レモン塩と緑のソースで。
 4品目。石川産豚肩ロースのハーブ焼き。呉羽の梨のソース添え。

f0183678_143216.jpg
 5品目。車麩のカツ アボカドのタルタル載せ。

 6品目。鮭とホタテのロールキャベツ。

 7品目。ベトナム風ごはん。

 
 ほとんど会場の様子を窺うことが出来なかったが、盛り合せた料理を新郎新婦に自ら運んだ際に、料理を目にした途端みなちゃんからぶわっと涙がこぼれて、
 その姿を見た私も涙が止まらなくなってしまった。
 この仕事をさせてもらって本当に良かったと思った瞬間だった。


 一緒にこのパーティーを作り上げた人々が、考えられないくらい温かい人たちで、私はそれにただただ驚かされた。
 それも、新郎新婦の人柄あってのことだと思う。
 お料理もそのお陰で、大きなトラブルもなく全て作り上げ提供することができた。

 普段フリーで仕事をしていて、なかなか皆で一緒に何かのプロジェクトを成し遂げるということが無く、
 その達成感はいつもの何倍にも…


 隣にあって、なかなか行くことのなかった富山が、これを機会にぐーんと身近になった気がする。

 こんな機会を作ってくれた新郎新婦にただただ感謝。
 どうぞ末永くお幸せに!!




 
 
[PR]
# by hisae0207 | 2009-09-05 23:08 |

COOKPAD 8月



 COOK PAD8月のランチ。


 8月18日

 *きゅうりと蛸、若布、新生姜の酢のもの
 *茗荷、おくら、ミニトマト、舞茸の天麩羅
 *栃尾の油揚げの枝豆味噌焼き
 *秋刀魚とごぼうの炊き込みごはん
 *じゃがもちとほうれん草の味噌汁
 
f0183678_04614.jpg




 8月25日
 
 *大豆もやし、人参、にらのナムル
 *トマトと卵の炒めもの
 *焼き鯵と野菜の土佐酢浸し
 *ずんだ素麺
 
f0183678_0472960.jpg




 8月27日

 *車麩、胡瓜、枝豆、しめじの酢味噌和え
 *とうもろこし豆腐
 *鮭ロールキャベツ
 *鶏そぼろ炒り卵丼
 *けんちん汁
f0183678_0491628.jpg

[PR]
# by hisae0207 | 2009-08-31 22:42 |

温泉卓球




 W氏のお父さんが還暦を迎えた。
 弟くんも一緒に熱川の温泉宿にご招待。

 
 小田原で合流し「踊り子」の窓の大きさに感動しながら、座席を4人向かい合わせにして、
 旅気分があがる。


 途中、寄り道して鰻屋「小川屋」さんへ。
 静岡は鰻が美味しいものね。
 
f0183678_16393235.jpg

 期待を裏切らず美味しい。
 このこうばしい香りもご馳走。


 そのあと、ロープウェーで駿河湾の景色をひとしきり眺めて温泉宿へ。
 お風呂のあとの食事では、お義父さんに赤いちゃんちゃんこを装着。
 嫌がっていたお義父さんもまんざらでない表情。
 おめでとうございます。

 ほろ酔い気分で部屋に戻って、さぁ皆で飲みなおすか〜!と意気込むも、
 お義父さんはすぐ就寝…

 残された3人で、宿に備え付けられていたプレールームで、
 温泉と言えば醍醐味の卓球にいそしむ。
 浴衣の裾をはだけさせ、スリッパも脱ぎ捨て思わず熱中。
 これは面白いね。
 ついでに横にあったビリヤードも。
 初めてやってみたが、これも面白いね。


 翌日は鎌倉の土地をお義父さんにも見てもらい、鶴岡八幡宮を詣って解散。
 W家の中に女ひとり。
 珍道中であった。
 温泉卓球は病み付きになるね。



 

 

 
[PR]
# by hisae0207 | 2009-08-30 22:33 |

乙女の金沢展 ふたたび



 二子玉川高島屋の福光屋さんにて。
 今年もやってきました「乙女の金沢展」。
 岩本さんに声をかけてもらって、今年も焼き菓子を出品。

 秋に美味しい濃くのある焼き菓子にしようと
 今回は「大野醤油のパウンドケーキ」に決定。
 金沢の大野町には醤油蔵がたくさんあって、醤油が有名なのです。
 そのお醤油を生地に練り込んで、上に胡麻をたっぷりとまぶして。
 意外に日本茶との相性がいいと思います。

f0183678_16255963.jpg


 最初、なんの飾り気も無かったのですが、やはり何日か売ってみて
 他のパッケージにインパクトがある商品の出がいいということで。
 味は食べてみないと分からないので、人間と一緒で見た目の第一印象って大事なのね。
 
 和紙を手で地道にちぎり、手書きで「soysauce cake」と入れてみた。
 これで売り上げは変わるだろうか…



 さてさて今夜は、金沢からこの展示の宣伝部長の岩本さんが泊まりにやってきた。
 一緒に晩ごはん。

 
f0183678_16295750.jpg


 さんまのいしる一夜干し
 揚げじゃがいもと大葉の混ぜごはん
 厚揚げとししとうの煮物
 などなど…

 久々にゆっくりしゃべりながら、夜は更けていく。
 お客さんがきても相変わらずな地味ごはん。
[PR]
# by hisae0207 | 2009-08-26 23:21 |

Greece サントリーニ島



 早朝、フェリーでサントリーニ島へ向かう。
 エーゲ海には200を越えるギリシャの島がある。
 遠いところではアフリカに近いクレタ島が有名。
 その上方部にあるサントリーニ島は、三日月型の小さな島。
 
 フェリーで向かうと高速でも5時間ほどかかった。
 おまけにすごい揺れで、もれなくW氏は船酔いを。かわいそうに。

 帰りは飛行機にして正解だったね。


 断崖絶壁の港からバスに乗って、急カーブを進みながらぐんぐん上っていく。
 海がだんだん見えてきた。
 何ブルーというのだろう。
 これがエーゲ海か…と見入る。

 フィラの街中に出ると、ビーチサンダルに短パン、ランニングもしくはビキニトップというスタイルの人たち。
 同じギリシャとは思えない程、一気にラフな雰囲気。
 欧米人がまさにバカンスに来ているのだろう。
 (この旅で日本人はもちろん、東洋人に会うことが殆どなかった)


 タクシーで乗り合いして、カルフォルニアから来たアメリカ人ご夫婦と話しながら(W氏が)、ホテルに向かう。
 車窓からはバギーに乗った若者がビーチに向かう姿が見える。
 かなり楽しそう。やっぱり国際免許を取ってくればよかったか…
 
 さて、この島ではこのような形態が多いのだが、
 私たちのホテルは断崖絶壁にへばりつくように部屋が点在しているスタイル。どうやって建造されるのか…
 ポーターさんたちは大きなトランクを軽々と抱えて階段を上り下りしていく。
 朝食もこのように運んでくれるのだから、ギリシャ人は体力がありそうだ。

 部屋のテラスからは海しか見えない。
f0183678_13135991.jpg

 

 荷下ろしして、ひと休みすると夕方だったので、ぶらりあたりを散歩。
 私もよく思い出に残っている、母親が昔着ていたワンピースを着て出掛ける。
 バカンスに来ると、普段はしないような服装も気負いなく出来ちゃうのは人目が気にならないからかな…


 サントリーニ島は夕陽が美しいことでも有名。
 その頃になると、人々も眺めのよいバーやレストランを目指して集まって来る。
 私たちもしばし、初めてのエーゲ海に沈む太陽を通りから見物した。
f0183678_13374863.jpg



 それからの日々は、ビーチに本とビールを持って出掛け、
 飽きると海に入ったり昼寝をしたり…
 まさにやりたかったバカンスの過ごし方を。
 最高。
f0183678_13484474.jpg



 帰り道に歩きながら、革製品(サントリーニは皮製品が有名)のお店や、食料品店を覗いたりして、夕食はホテルにほど近い気に入ったレストランに通った。
 こういう過ごし方がなんだか少し、ギリシャにも慣れてきたような気になる。

 ここでも飽きずにカラマリやムール貝のワイン蒸しなど、シンプルな料理とワインを楽しんだ。
 普段はワインは殆ど嗜まないが、土地に合ったもの(ギリシャはワインの発祥の地)は自然とお腹におさまっていくのだなぁ。
f0183678_13515650.jpg



 島の夜景もまた美しく。
 いい旅ができた。 
f0183678_13535597.jpg



 
 

 
 
 
[PR]
# by hisae0207 | 2009-08-10 18:16 |


自分のぐるりで起きた        デキゴトたち。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30